読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソフトバンクのQ

携帯電話・ネット回線・料金・キャンペーンのお得情報を発信!

光コラボへの転用はお得?光コラボのメリットデメリット

光コラボって何?

光コラボとは、光コラボレーションモデルの略で、

光コラボレーション事業者さまが、NTT西日本から光回線を借り受けて提供する光アクセスサービスと、自ら提供する様々なサービスを組み合わせ、お客さまに、より便利なサービスを提供していくモデルです。
※NTT西日本の公式サイトより

要するにNTTの光回線を、NTT以外の業者(特に携帯会社やプロバイダ)に持って行って、そこで新たなサービスを作るというものです。

では光コラボを行っている業者はどこなのでしょうか?
以下に一部上げてみました。

光コラボ回線取り扱い業者
ソフトバンク光、ドコモ光、CLOUD LINE、OCN光、
So-net光コラボレーション、ビッグローブ光、U-NEXT光、Marubeni光


※NTT西日本の公式サイトより

などなど。


ここにau光が無いのは、au光はNTTの光回線ではなく、KDDIの独自の光回線を使用しているからです。


光コラボのメリット・デメリット

メリット

フレッツ光より月額料金が安くなる

各社の月額料金を見ていきましょう。

  • ソフトバンク光  戸建て 5200円 集合住宅 3800円
  • CLOUD LINE  戸建て 4400円 集合住宅 3400円
  • OCN光  戸建て 5100円 集合住宅 3600円 
  • So-net光コラボレーション 戸建て 5200円 集合住宅 4100円
  • ビッグローブ光  戸建て 5180円 集合住宅 4080円
  • U-NEXT光  戸建て 4980円 集合住宅 3910円
  • Marubeni光  戸建て 4250円 集合住宅 2900円

概ね同じぐらいの金額ですが、ソフトバンク光には「おうち割光 セット」の割引があるので、ソフトバンクの携帯電話を使っていればよりお得になります。

現在インターネット回線に5200円以上払っている場合、必ずお得になると言ってもいいでしょう。

 

工事をせずに転用できる

今使っている光回線をそのまま使うので、必要なのは手続きのみです。

 

スマホとのセット割など、独自の割引サービスが受けられる

ソフトバンク光やドコモ光は携帯・スマートフォンとのセット割があり、OCN光にはOCNのモバイルサービスとのセット割がなどあります。

 

デメリット

プロバイダ変更が必要になる場合がある


転用前と転用後のプロバイダが違う場合、変更手続きが必要になり、違約金も発生してきます。

 

回線速度が落ちる場合がある

プロバイダが変更になった場合、回線速度も変わってきます。

 

フレッツ光にはすぐに戻せない

フレッツ光に戻す場合、再度フレッツ光との新規契約になりますので、解約や新規契約の手続きや、プロバイダの違約金が発生してきます。

 

 まとめ

ここまで光コラボに転用した場合のメリットデメリットを見てきましたが、月額の利用料金が下がるのと、各社の独自の割引サービスを適用すれば、今よりお得になるのは間違いないのではないでしょうか。

 

一つ注意すべきなのは、「プロバイダ」です。

今使ってるのは何処で、転用後に使うのは何処か。
これをしっかり決め、違約金や回線速度の違いが発生しない様に注意しましょう。

長々となりましたが、以上です。