読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソフトバンクのQ

携帯電話・ネット回線・料金・キャンペーンのお得情報を発信!

ソフトバンク光からau光への転用は可能?

「転用」というのはどういうことか、ご存知でしょうか。

「転用」というのは、フレッツ光利用者が、同じフレッツ光を使って回線販売しているソフトバンク光やOCN光、などへ契約変更手続きをすることを言います。

ではソフトバンク光からau光ならどうでしょう?

そもそもau光はフレッツ光の回線を使っているのでしょうか?

答えは「No」です。

au光はNTTの光回線ではなく、KDDIの光ファイバー回線を使っているからです。

つまり転用は出来ないのです。

転用ではなく、auへ新規契約扱いになるのです。

 

では、もしauに新規契約した場合、どのようなメリットデメリットがあるのでしょうか?

メリット

①高額なキャッシュバックが受けられる

新規契約をすることにより、最大3~4万円のキャッシュバックが受けられるようです。

②auのスマートフォンとのセット割引、「auスマートバリュー」が受けられる

auのスマートフォンとセットで契約することにより、スマートフォンの利用料金が最大2000円引きになるそうです。

 

デメリット

①ソフトバンク光の違約金がかかる場合も

自動更新無しプランの解約違約金は無料ですが、自動更新ありプランの解約違約金は9,500円かかります。
尚、契約満了月以降なら違約金は発生しません。

②au光の新規契約手続き、新たに配線工事が必要

au光は、フレッツ光の回線とは別の独自の回線(KDDIの光ファイバー回線)を持っているため、引き込み直す工事が必要になります。

ここまでソフトバンク光からau光に転用出来るのか?と、
ソフトバンク光を解約し、au光に新規契約した場合のメリットデメリットをお伝えしてきました。

まとめ

まとめますと、

  • ソフトバンク光からau光へは転用は出来ず、新規契約扱いになる。
  • au光に新規契約した場合、キャンペーンやauスマートバリューが受けられるが、ソフトバンク光の違約金がかかることもあったり、新たに配線工事が必要だったりする。

この2つでまとまる感じですね。

長々とお伝えして参りましたが、以上となります。
ご清聴ありがとうございました。